組合の行事・レクリエーション

HOME > 組合活動 > 組合の行事・レクリエーション > 集団健診10会場で実施

集団健診10会場で実施

2023.11.24

 北海道建設国民健康保険組合では11月1日から11月5日までの日曜日に計10会場で、集団健診を実施しました。この健診は令和5年7月31日現在、特定健康診査を受診していない40才以上の被保険者の皆様を受診対象者として、案内文書を送付し、FAXや郵送でお申し込みをいただいております。健診会場は、札幌市内の中央区を除く各区の区役所や地区センター、会館などを利用。事前にお申し込みをいただきました1,588人の被保険者の皆様が健康診断を受けられました。集団健診は、特定健康診査の受診率向上などを目的に平日多忙のため健康診断の受診が難しい建設職人・労働者の皆さんが健診を受けることで、健康管理・体調管理に努めていただけるよう毎年実施しており、受診しやすいよう近郊の会場を利用して日曜日に行っています。特定健康診査の基本項目のほか、胸部X線検査、大腸ガン検査や血液採取による胃ガン検査に加え、希望者を対象に男性は前立腺ガン検査、女性は乳ガンまたは子宮ガンの検査を行いました。また、今年は集団健診時に特定保健指導の初回面談を行う『分割保健指導』が実施されました。今年もコロナの感染リスクを考慮し、密集・密接を避けるため受付時間を細かく設定し人数を分散して受診いただきました。これにより健康診断の受付が16時からとなる会場もありました。病院から健診結果が届き再検査等が必要な場合は、お早く医療機関で受診されますようお願いします。

西区健診会場の様子

今回から始められた分割保健指導(清田区健診会場)

| 組合の行事・レク |