トップページメッセージ

HOME > お知らせ

新型コロナウイルスの感染急拡大に伴うお願い

2021.05.11

 現在、札幌市内で新型コロナウイルスの感染が急拡大しております。

 組合窓口の混雑状態を避けるため、以下の点にご理解ご協力をお願いします。

 

 ○不急のご来所はご遠慮くだいますようお願いします。

 ○給付申請等については、郵便で申請可能なものもありますので、お問合せください。

 ○正午から午後1時までは、職員休憩のため対応できる職員が少なくなりますので、

  この時間帯のご来所はなるべくお控えくださいますよう、ご協力をお願いします。

 ○新規加入手続きは午後4時30分までにご来所ください。

 

新しい保険証は組合員宅へ郵送します

2021.03.29

保険証は4月下旬までに順次送付します

-資格確認書類の提出はありません-

 

 今年の被保険者証の更新は、新型コロナウイルスの感染リスク軽減のため、

組合から保険証を郵送する方法で行ないます。(40歳以上の特定健診受診券や

北建国保ガイドブック、ほっけん国保だよりを同封して送付します)

 確定申告書などの資格確認書類の提出はありません。

 送付時期については、4月下旬頃になりますのでお待ちください。

(現在お持ちの保険証の有効期限は4月30日ですので、期限内に届くように

 送付します)

 ★保険証は、受取時に印鑑またはサインが必要なレターパックプラスで送付

  します。

 ★ご不在の場合、ご不在連絡票が投函されますので、郵便局にお問い合わせ

  の上、お受け取りください。

 ★保険証の送付は住所確認も兼ねていますので、組合窓口での受け取りや会社

  ・出張先への郵送はできません。

            👇詳しくは下のチラシをクリックしてください

 

-北建国保申請書類のダウンロード-

2020.12.01


  ■傷病手当金(入院外)支給申請書

 

 ■インフルエンザ予防接種助成金申請書

 

 ■健康診査助成金等申請書

 


 ≪ 記載例 PDF ≫

  ♦傷病手当金(入院外)支給申請書記載例

  ♦インフルエンザ予防接種助成金申請書記載例

  ♦健康診査助成金等申請書記載例


委任状ダウンロードはこちらから

2020.11.02

※北建国保でマイナンバー確認を必要とする諸手続きを、組合員以外の代理人がとる場合、委任状が必要となります(配偶者は除く)

※委任状は北建国保の書式です

 

【委任状・委任状記載例のダウンロード】

委任状                   委任状記載例

ininjogazo

ininjokisairei

被保険者証の切り替え手続き 郵送でも承ります

2020.04.18

 4月9日から4月17日まで組合の3階を会場に令和2年度被保険者証切り替え業務が行われました。今後は1階事務所での切り替え手続きとなります。正午から午後1時までは職員休憩のため、対応可能な職員が少なくなりますので、この時間帯のご来所は、できるだけお控えくださいますよう、お願い申し上げます。

 事務所へお越しになるのが難しい場合、郵送での切り替え手続きが可能です。

 被保険者証の切り替えを郵送で行う場合、以下についてご留意ください。

 ①北建国保被保険者証更新時の組合員・家族現況届(若草色)

  (署名・押印をお忘れないようご注意ください)

 ②返信用の404円分の切手(簡易書留郵便料)

 ③保険証の切り替えを郵送で行う旨と送付先のメモ書き

 ④署名ハガキ4枚(記入例を参考に文章と住所・氏名を記入)

 ①~④を同封の上、組合事務局まで送付してください。

 ※郵送手続きの場合、現在お持ちの被保険者証を同封する必要はありません 

 【注意事項】

  ★窓口での切り替え業務が優先されるため、新しい被保険者証の送付には

   数日かかります。

  ★古い被保険者証は手元に置いておいて、新しい被保険者証が届いたら、

   裁断処理を行なってください。

  ★宛先を間違えないようにご注意ください。

 

※その他の申請等も郵便で可能な手続きもありますので、組合011-812-7711までお問合せください。

 

2018年から2つの資格取得報奨金がスタートしました

2018.10.19

近年、建設業界で資格取得の意識が高まる中、全建総連報奨金

制度と組合の匠共済(資格取得報奨金)の両方で報奨金を受け

取ることができます。

対象資格や報奨金額は↓のチラシを参照ください。

北海道胆振東部地震 被害報告のお願い

2018.09.14

 9月6日に発生した、北海道胆振東部地震で被災された皆様に、

心からお見舞い申し上げます。

 札幌建労組合員の皆様の中で、この地震により、家屋被害や人的

被害などがあった場合は、組合までご連絡くださいますようお願い

いたします。

 ☎011-812-7711まで

8月1日から70歳以上の方の高額療養費自己負担限度額が変わります

2018.07.27

  医療制度改正により平成30年8月1日から70歳以上75歳未満の方の

高額療養費の自己負担額が下表のように変わりましたのでお知らせ致します。

 現役並み所得者の区分が3つに細分化され、現役並み所得者Ⅰと現役並み

所得者Ⅱの方には限度額適用認定証が申請により交付されます。

(現役並み所得者Ⅲ、一般の区分の方は限度額適用認定証の提示の必要は

 ありません)                                          

松浦委員長・工藤書記長 札幌市へ直接要請

2017.12.16

 11月22日、全建総連札幌建設労働組合は「住宅エコリフォームの補助制度の

拡充と木造住宅耐震化補助制度の拡充」について札幌市に要請しました。

 組合側からは松浦執行委員長、工藤書記長、事務局の三人、札幌市からは吉岡

札幌市副市長、都市局建築指導部の小島部長、市街地整備部住宅担当の佐藤部長

の3人が出席され、松浦執行委員長から「札幌市住宅エコリフォーム補助制度も

今年で8年目を迎え、大きな経済波及効果を上げていますが札幌市の世帯数約94

万戸を考慮すると充分な予算額とは言えないので大幅の予算の増額が必要である」

との要請主旨を説明し、要請文を吉岡副市長に手渡ししました。

次に工藤書記長から「住宅エコリフォーム補助制度の予算額引き上げ」「耐震診

断、耐震設計、耐震改修工事等の全体の予算額の引き上げ」「広報さっぽろ等を

利用した住宅エコリフォームや耐震改修への啓蒙と補助制度の活用を積極的に働

きかける」「住宅エコリフォーム補助制度と木造住宅耐震化補助制度を併用して

の申請が可能なことの周知」等の要請内容の説明がありました。

これに対し吉岡副市長から「住宅エコリフォームの申請件数は増加しており、早々

に補助限度額に達している現状を考慮している。高齢者住宅の老朽化に対しての問

題、住宅全体のリフォームではなく住宅の一部だけのリフォームも増加していくの

で検討して行く」「広報さっぽろの活用、啓蒙活動も強化して行く」との返答があ

りました。

秋元市長が多忙のため、吉岡副市長に対応していただきましたが、以前から要請し

ていた予算額の増額についても、制度スタート時と比較してかなりの額が増額され

ていることから、今後の札幌市側の対応を期待したいと思います。

          松浦委員長(左)が吉岡副市長に要請書を手渡す

 

札幌で全建総連第58回定期大会開催

2017.10.31

                           あいさつする三浦中央執行委員長

 平成29年10月25日から27日までの3日間、札幌市のニトリ文化

ホールを本会議場に全建総連第58回定期大会が、全国から1,441人の

仲間が集い開催されました。

 1日目は午後1時から本会議が開かれ、第57期の経過報告、決算報告、

会計監査報告が承認され、第58年度運動方針と予算が提案されました。

 2日目は第1の社保対から第10・財政までの分科会が開かれ、各専門

部の経過や方針について討議しました。

 最終日は運動方針、予算の採決が行われ、満場一致の拍手で可決。また、

中央執行委員長に吉田氏(建設埼玉)が新たに就任。新年度のスタートを

切りました。 

次へ »